So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク


地方公務員の種類について、、、 [地方公務員]



公務員試験一発合格DVD 松元喜代春 公務員試験合格プログラム DVD4枚組み+特典DVD2枚付

地方公務員には大きく分類すると都道府県職員と市町村職員と分かれており更に一般職と特別職と分かれています。

特別職は選挙や政治的に特別に任命された職なので通常はなる事できません。通常試験などで採用されるのは一般職で行政職と事務職という形で分類されています。

地方公務員の業種は様々で専門的な知識も必要なので各業種ごとに試験の専門分野の内容が変わります。 そして試験は初級・中級・上級と分かれていて、より上のランクの試験のに合格すると給料面や待遇が良くなるという特徴があります。

地方公務員試験の初級は高卒レベルの内容で年齢制限が18歳~21歳なので受験数は少ないと思われがちですが意外と競争率が高いです。高卒レベルと言っても内容は難しい物があるのですんなりと合格できる物でもないので十分な試験対策が必要になります。

地方公務員試験の中級は短大卒業レベルといわれており、初級よりも難易度が上がります。中級は上級試験を受ける人が併願する事が多く受験人数も多いですが全体のレベルが高いのが特徴だと言えます。

そして地方公務員試験の上級ですが、大学卒業レベルと言われており、自治体によっては大学卒業・大学卒業見込みでないと受験資格すら貰えない所もあるそうです。

難易度は国家公務員Ⅱ種よりも難しいそうなのでライバルの中には国家公務員Ⅰ種や国家公務員Ⅱ種と併願している人がいるので競争率も激化します。この為、上級のレベルになると独自の勉強だけでは対応しきれない部分が多くなるので専門学校や、予備校に通った方が良いですよ。

わたしのお薦めはコチラ⇒公務員ビジネス専門学校の口コミブログ


スポンサードリンク

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。